金曜日, 10月 14, 2011

メニュー付のブルーレイディスク

 BDAVは、全てのブルーレイディスクプレイヤーと互換性のあるビデオ録画形式だそうです。 BDMVは、ディスクにメニューを加えられる最新のビデオ録画形式ですが、これはまだ全てのブルーレイディスクプレイヤーと互換性はないそうです。 そこで、再生可能メディア BD-R/RE(BDAV,BDMV,AVCHD)に対応しているブルーレイプレーヤーを見つけました。 なので、これからブルーレイプレーヤーをご購入される方は、BDMVの形式に対応しているブルーレイプレーヤーをご購入して下さい。 それにより、メニュー付のブルーレイディスクとして納品出来ます。

 EDIUS Neo 3.05のメニュー画面をカスタマイズし、お気に入りのDVDレコーダーのメニュー画面に似せて作成致しました。これにより標準では分かりにくいチャプターボタンを大きくすることで、カーソルによる移動で今どれを選択しているのか分かりやすくなりました。

 改めて何が言いたいのか申しますと、DVDレコーダーのメニュー画面は、チャプター以外にタイトル分けも出来ますね。これにより1タイトルから4タイトルに一瞬で移動出来るので目的のチャプターポイントに移動するのが早いです。しかし、パソコンでしか作成出来ないオーサリング用のメニュー画面は、シーケンス分けが出来ても、シーケンス→チャプター→シーケンス→チャプター→となるので、四つ目のシーケンスに行くのに時間がかかります。まあ、でもモーション付メニーや文字制限も無いですしブルーレイを意識すると、次回の作品からは、モーション付メニーで作成致します。

 とりあえず所有のブルーレイレコーダーやPowerDVD9で再生することが出来ましたので互換性は大丈夫のようです。

0 件のコメント: